進路指導方針

I 進路指導の方針[骨子]
1 キャリア教育を通し、将来的な夢を持たせ、意欲を伸ばす教育を行う。
2 単位制の特長を活かし生徒の夢の実現のために、生徒が主体的に科目選択をできる力を育成する。
3  分掌や学年次及び各教科相互の連携を密接にし、計画的・組織的にキャリア教育・進路指導をおこなう。
4  生涯学習の観点から、体験的な学習・グループワーク・コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力向上のためのプログラムを積極的に取り入れ、社会の変化に主体的に対応できる能力を育成する。
5 自らの興味関心を基に将来の方向性、道筋を主体的に考え計画をたてられるようにする。

II 指導の重点
1  様々な大人から、多くの刺激を受け、自らを振り返り、自分の在り方生き方を考えさせ、将来の進路を選択する能力や態度を育成する。
2  外部(大学、上級学校、地域、ボランティア、NPO)との連携を深め、より社会と直結した学習内容の構築、指導を行う。
3  グループでの活動(協働)を積極的に行い、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力を向上させる。
4  自分の生き方を考えさせた上で、この先どこで何を学んでいこうとするのかを主体的に考え行動できる態度を育成する。
5  自分の日常的な補習や長期休業中の講習、及び進学対応の学校行事を取り入れ、生徒の自学自習の気風を醸成する支援を行う。

III キャリアガイダンスの定義
 キャリアを、学歴・職歴といった狭い意味での履歴ととらえるのではなく、広く「個人の生き方」と捉え、社会に出て必要なことの本質的な内容を学ぶことと考える。
 キャリア・ガイダンスは、学習を通して生徒一人一人に、考える、創造する、振り返る、気づく、伝える、ともに働くという活動を通して「自分なりのキャリア・プランを描くための力」をつけさせるために、学校全体で組織的・計画的に行う支援・指導(ガイダンス)のことである。

IV キャリアガイダンスの内容
1  人間としての在り方生き方や自己の進路について学習させる科目として「キャリア・ガイダンス」1年次),「けやきタイム」(2年次)を実施する。指導計画の立案、評価等はCG部がこれを行う。
2 進路相談(キャリア・カウンセリング)の充実
 生徒自身の自己理解、教師による生徒理解を深めるため、進路指導室、進路資料室、ガイダンス室等を有効に活用し、日常的に生徒が気軽に相談できる学校全体としてのキャリア・カウンセリング体制を充実させる。
3 有効かつ適切な進路情報の提供
 生徒・保護者が気軽に進路関係の情報を手に入れることができるよう、掲示板やインターネット、進路雑誌等の有効かつ適切な提供方法を工夫する。

V 具体的な指導内容
総合的な学習の時間「キャリア・ガイダンス」「けやきタイム」
1年次生:キャリアガイダンス
  「2年次生との交流会」
 先輩たちの1年間の振り返りのプレゼンテーションを聞き、芦花高校を知る。
  「高校時代にやっておきたい10のこと!」
 大学生のプレゼンテーションを聞き、高校時代にやっておきたい事を考える。
  「職業人インタビュー」
 自分の興味のある職業を探し、そこで働いている人を見つけ、自らアポイントメントをとり、仕事についての思いをインタビューし、クラスでプレゼンテーションをおこない、「働くとは?」をみんなで考える。
2年次生:けやきタイム
   自分の1年間を振り返り、気づいたこと、こうしておけばよかったということを紙芝居形式にまとめ新入生にプレゼンテーションをし、交流会を生徒たちの手で実施する。
  「日本から学べること、日本で学びたいわけ」
 外国からの留学生を招いて学ぶ意味を考える。
  「将来の自分へのアクセスストーリー」
 これからの自分は自分で調べる!学問分野、仕事内容、学校情報などを本やネットから調べてみる。
  「夏休み学校へ行こう!」
 学校を調べ、オープンキャンパスへ行き、大学(専門)生に学校ガイドをしてもらう。その結果をクラスでプレゼンテーションし、上級学校についての情報を共有する。
  「エントランスゼミ」
 学問の面白さ、学校の教科と社会のつながりを知る。
   大学生や芦花高校卒業生から今までの経験を聞き、高校時代に何をするべきかを考える。
  「クエストエデュケーション」
 6社の企業からミッションが出され、それに対してグループで企画案を出しプレゼンテーションをする取り組み。

VI 各学年における進路学習目標
1 1年次「今の自分を高校生活を面白く!充実させよう!」
 キャリア・ガイダンス(CG)、奉仕において、
  ・やる気のある大人と出会い刺激を受け・チームで成し遂げる経験をする
  ・誰かのための活動をする
 多様な人とかかわりを持ちいろいろな価値観を受け入れられるようにする。ネガティブにとらえず飛び込んでいける人材に!
2 2年次「未来探求(クエスト)スタート」自分のために自分で動け
  ・多様な人に会い続ける・将来のことを具体的に考え、自分のこととして主体的に行動する。
 自分の将来を自分事として捉え、当事者意識を持って動ける人材に。
 未来的な事をネガティブにとらえず飛び込んでいける人材に。
3 3年次「将来の夢に向かって動き出せ!」
  ・1・2年次の経験を活かし、自らの夢の実現に向けた進路を考え、意欲的に調べ、「この場所で、この勉強をしよう」という考えのもと、単に高校卒業後の進路を決めるだけでなく、将来を見据えた進路選択が出来るよう主体的に考え、動き、意欲を持って行動する。
〒157-0063 東京都世田谷区粕谷3-8-1
電話 : 03-5315-3322 ファクシミリ : 03-3305-8180
E-mail : S0200375@section.metro.tokyo.jp