サイトマップ

印刷

学校感染症について

 

平成28年12月15日
保護者のみなさまへ
                               東京都立芦花高等学校
 学校長 石井 久美子    
学校感染症について
 
 日頃より本校の教育活動にご理解いただきありがとうございます。
 これからインフルエンザが流行る時期に入りますが、インフルエンザに罹患した場合、症状が出てから最低5は休養をお取りいただくことになっています。この期間は出席停止扱いとなります。また、4日目以降に解熱したときは解熱後さらに2日休んでください。
 出席停止とは学校内での集団感染拡大防止のための措置ですが、どうぞ出席停止の趣旨をご理解いただき、ご協力をお願い申し上げます。
  また、感染性嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)も流行り始める時期です。当校校医判断により「感染性嘔吐下痢症」の症状があり感染性の疑いがある場合は、ウイルス検出判定が出ていなくても出席停止とさせていただくことになりました。症状はむかつき・嘔吐・腹痛・下痢・発熱(微熱の場合あり)です。『出席停止解除願』用紙の「その他」欄に感染性の疑いがある理由を主治医に書いていただき、担任へご提出ください。
                   
  学校感染症にかかった可能性のある場合
(1)     欠席することを学校に連絡する。(その際、担任の先生でなくてもよいので必ず電話対応をした教師に休む症状を具体的にお話ください。)
(2)     医者を受診し、判断を仰ぐ。
(3)     学校感染症の場合、罹患したことを学校へ電話連絡する。
(4)     『出席停止解除願』用紙をHPからダウンロードするか、担任に用紙を請求し(FAXにて送付可)主治医に休養期間とその理由を記入してもらう。
(5)     記入後はただちに用紙を担任へ提出する。
 の手順で手続きをお願いいたします。
 
参考資料

 

 
感染症名
出席停止期間
 
2
インフルエンザ
H5N1を除く)
発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)
百日咳
特有の咳が消失するまで、または5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻疹
解熱後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎
耳下腺、顎下腺又は舌下線の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好となるまで
風疹
発疹が消失するまで
水痘(みずぼうそう)
すべての発疹が痂皮化するまで
喉頭結膜炎(プール熱)
主要症状消失後2日を経過するまで
結核及び髄膜炎菌性髄膜炎
感染の恐れがなくなるまで


出席停止解除願は、関連リンクよりダウンロード後、プリントアウトしてお使いください。
 

問い合わせ
東京都立芦花高等学校
主任養護教諭 高橋敏江
03(5315)3322

 

〒157-0063 東京都世田谷区粕谷3-8-1
電話 : 03-5315-3322 ファクシミリ : 03-3305-8180
E-mail : S0200375@section.metro.tokyo.jp
アクセス