サイトマップ

印刷

女子サッカー部

 
令和3年9月13日
 
東京都立芦花高等学校女子サッカー部
 ~芦花Joccer~



 東京都立芦花高等学校女子サッカー部、愛称はJoccerジョッカー)です。サッカーに対するひたむきなプレーとチーム全体で連動した組織的なプレー。それがJoccerのサッカーです。「誇り高く勝つ」、「チームの勝利のために最善を尽くす」をモットーに、日々厳しく、そして楽しくサッカーをしています。


《大会実績》

◆平成30年度高校総合体育大会東京都大会 ベスト8
平成30年度全日本女子サッカー選手権大会(皇后杯)東京都予選高校ラウンド ベスト12
◆平成30年度全日本高校サッカー選手権東京都大会 ベスト16
◆令和元年度高校総合体育大会東京都大会 ベスト24
◆令和元年度全日本女子サッカー選手権大会(皇后杯)東京都予選高校ラウンド 2回戦進出
◆令和元年度全日本高校サッカー選手権東京都大会 ベスト24
◆令和元年度東京都女子サッカーリーグ(2部) 第7位
令和元年度東京都高校女子サッカー新人戦大会 ベスト16
◆令和2年度東京都高校女子サッカー新人戦大会 3回戦進出(ベスト16) コロナ禍のため4回戦以降は中止
◆令和3年度高校総合体育大会東京都大会 ベスト16
◆令和3年度全日本女子サッカー選手権大会(皇后杯)東京都予選高校ラウンド ベスト18


《近況報告》 

◆7月18日 東京都女子サッカーリーグ(第2部) 第1節
                   vs 江戸川女子 10-0

 気温が上がり暑さとの戦いにもなることを感じさせる中、11:45にキックオフ。 
 ・前半1分 先制点 1-0
 試合開始すぐに左サイドにボールを運び、中央に動いたサイドハーフにパス。そのままゴール前に持ち込みシュートを決める。
 ・前半8分 追加点 2-0
 右サイドを破り、深い位置からクロス。それをシュートにつなげ2得点め。
 その後も攻め続けるが、追加点がばかなか奪えない。
 ・前半18分 得点 3-0
 ゴール前に入れたボールを相手選手がオウンゴール。
 その後は決定機を確実に決め、PKも得て、6-0で前半を終了。
 ・後半5分 得点 7-0
 ゴール前でフリーの選手にボールを落とし、シュートが決まる。
 その後、決定機を外す場面もあったが3点を加え、0-10で勝利。
 リーグ戦の初戦を白星で飾り、幸先の良いスタートとなりました。次戦は24日に恵泉女学園と試合します。またしっかりとした準備をして勝利を勝ち取ります。そしてリーグ戦全勝での一部昇格を目指します。

◆7月24日 東京都女子サッカーリーグ(第2部) 第2節
                   vs 恵泉女学園 10-0

 リーグ戦第2節の試合も暑い中での開始。キックオフから攻め込みゲームの主導権を握りました。
・前半5分 先制点 1-0
 左サイドからのクロスをゴール前で合わせて先制。
・前半11分 追加点 2-0
 ゴール正面からシュートを決めて、追加点を奪う。
・前半19分 得点 3-0
 ゴールほぼ正面、ペナルティエリアのすぐ外側でボールを受け、そのままミドルシュート。
・前半30分 得点 4-0
 ゴール左でこぼれ球を押し込む。
 前半を4-0で終え、後半はより連係を重視した攻撃を意識することを確認。
・後半1分 得点 5-0
 ゴール中央で相手選手を抜いてシュート。
・後半5分 得点 6-0
 左サイドを破ってクロス。ゴール前で合わせてシュート。
 その後も得点を重ね、10-0で勝利しました。後半はチームとして機能した攻撃をすることもできました。リーグ戦開幕からの2連勝となり、この勢いのままリーグ戦を進めていきたいです。次のリーグ戦である都立第五商業高校との試合でも勝利をおさめることができるよう、頑張ります。

◆7月29日 練習試合
        vs 戸山高校 6-1

 都立戸山高校と練習試合をしました。
・前半1分 先制点 1-0
 ゴール前のこぼれ球に詰め、押し込んで先制点をゲット。
・前半9分 追加点 2-0
 コーナーキックのボールをゴール右からシュート。
・前半11分 得点 3-0
 ゴール左から相手ディフェンダーを二人抜いてゴール左上に決める。
・前半17分 失点 3-1
 芦花のコーナーキックからカウンターで一人の選手にゴール右まで持ち込まれ、角度のないところに追い込んだもののシュートを決められる。
・前半19分 得点 4-1
 ゴールキーパーのはじいたボールに詰めて、ゴールを奪う。
 前半終了で4-1のスコア。ハーフタイムに細かい修正点を確認して後半へ。
・後半6分 得点 5-1
 ゴールキーパーのミスキックを拾い、ループシュート。
・後半17分 得点 6-1
 ゴール右からすばらしいロングシュートを決める。
 後半は得点こそ少なかったものの、ハーフタイムで確認したことを修正し、前半よりも良い内容の試合展開でした。随所で、練習で取り組んでいる形も出すことができました。
 次は8月1日に行われるリーグ戦第3節の都立第五商業との試合です。リーグ戦3連勝を目指し、また頑張ります!

◆8月1日 東京都女子サッカーリーグ(第2部) 第3節
                   vs 都立第五商業高校 0-5
   
 相手チームには優れた選手が数人おり、その選手への対応を確認して試合に入る。試合の主導権は相手にある時間が長いものの、芦花のディフェンスもしっかりとした対応で決定機を与えない。
・前半9分 失点 0-1
 左サイドから中へ戻しめのパスを通され、芦花のディフェンダーがよせるがそのままシュートを許し、先制点を奪われる。
・前半12分 失点 0-2
 中央右寄りの縦パスから、体を寄せるもののシュートまで持ち込まれて、追加の失点を喫する。
・前半AT 失点 0-3
 ゴール右から左への斜めのパスを入れられる。ディフェンダーがついていき、ゴールキーパーも前に出たが、先にボールに触られてゴールを割られる。
 前半は3失点をしたが、芦花も相手ディフェンスの後ろのスペースを突いた攻撃で、何度もゴールに迫っていた。後半はまず一点を返そうと確認してハーフタイムを終える。
 後半立ち上がりから懸命の守備で相手に追加点を許さないが、こちらもゴールが遠く、得点の動かない時間帯が続く。
・後半25分 失点 0-4
 ゴール左からのシュートをゴールキーパーがいい反応で止めたが、こぼれ球を押し込まれて点を奪われる。
・後半26分 失点 0-5
 ゴール右からミドルシュートを決められる。
 相手の中心選手への対応を確認し、ディフェンスはいい対応をしましたが、あと一歩というところで決めきられてしまいました。リーグ戦3連勝はなりませんでしたが、五商はこの後の選手権大会でもあたる可能性が高いチームなので、次の対戦では必ずリベンジできるよう、チーム力を向上させていきます。

◆8月18日 練習試合
       vs 東大和高校 1-1

 試合開始から一進一退の攻防が続く。相手の攻撃を粘り強く守って、逆襲を仕掛ける展開。
・前半9分 失点 0-1
 ゴール前で浮いたボールの競り合いとなり、ゴールキーパーもボールへアプローチするが、相手選手が競り勝ってヘディングでゴールに流し込まれる。
 その後もひたむきな守備から攻撃に転じるが、失点はしないものの得点を奪うことができない。
・前半19分 得点 1-1
 相手ディフェンダーからボールを奪い、シュートにつなげてゴールゲット。同点とする。
 前半は1-1で終了。
 後半も同じような展開で攻防が続き、両チームとも得点を挙げられない。残り15分からは攻撃を受けている時間が長く劣勢となるが、その中でも粘り強く守って得点を与えずに試合終了。
 最後は足が重くなり厳しい試合となりましたが、選手はよく頑張り切りました。26日の大会に向けていい練習試合ができました。さらにチーム力を向上させて大会での勝利を目指します。

◆8月26日 全日本高校サッカー選手権東京都大会東京都大会2回戦
       vs 都立第五商業高校 1-2

 選手権大会2回戦。相手は千早高校を破り勝ち上がってきた都立第五商業高校。8月1日にリーグ戦で戦い、0-5で負けた相手です。
 試合は開始からほぼ押し込まれた状況で進むが、これは想定通り。芦花はいつもの粘り強い守備で対抗する。再三の相手の攻撃をしのぎ、速攻からの反撃を狙う。
・前半7分 失点 0-1
 左サイドでフリーになった相手選手にボールが渡り、ペナルティエリアの角あたりから強いシュートを打たれ先制される。
 しかし芦花は失点にも下を向くことなく、チーム一丸となって粘り強い守りを続ける。その頑張りがすぐに実を結ぶ。
・前半8分 得点 1-1
 相手陣内に大きく蹴り込んだボールを懸命に追い、相手に競り勝ってシュート。前に出てきていた相手ゴールキーパーの横を抜けてゴールイン。同点に追いつく。
 その後もひたむきななディフェンスで、相手のシュートをゴールにつなげさせず、前半終了。
 後半も攻め込まれ続けるが、チーム全員の頑張りで得点を許さず、しかし数少ないながらも訪れるチャンスをゴールにつなげられない。
 1-1のままアディショナルタイムに入る。アディショナルタイムは4分。
・後半アディショナルタイム 失点 1-2
 試合終了間際、ゴールやや左のミドルレンジからシュートを許し、ゴールを割られる。
 選手は本当によく頑張りました。最後の最後まで走りぬき、勝利を目指しましたが、勝つことができませんでした。選手たちには「ありがとう」と言葉をかけました。厳しい試合を戦い抜き、力を出しきってくれました。選手のプレーする姿に感動させてもらいました。みんなありがとう。
 4週間足らずでここまで力を伸ばしてくれた選手たちは、次の大会、リーグ戦に向けてまた新たなスタートを切ります。この素晴らしい試合を超える試合を見せてくれることと確信しています。

【NEW!】
◆9月11日 練習試合
       vs 狛江高校 0-9

 個の力が優れている狛江高校に試合開始から攻め込まれる。組織的な守備で対応するものの、マークを破られたりはがされたりすることが多く、厳しい展開が続く。
・前半9分 失点 0-1
 右サイドを破られ、ゴール前に送られたボールを決められて先制される。
・前半10分 失点 0-2
 左から走り込まれた相手にパスを通され追加点を奪われる。
・前半13分 失点 0-3
 ゴール正面で細かいパスワークで崩されて、3失点目を喫する。
・前半23分 失点 0-4
 ゴールを背にしてパスを受けた選手に振り向かれ、ゴールを奪われる。
 前半は4失点で終了。長いボールから攻める機会もあったが決定機は作れず、得点を奪うことはできなかった。
 後半も相手の個の力に押し込まれ、ゴール前で抜かれてシュートされたり、短いパスで崩されるなど5失点。0-9で試合終了。
 狛江高校は5月から行われた高校総体東京都大会でベスト8に入った強豪です。その相手に組織的なサッカーで立ち向かいましたが完敗でした。しかしこのような強い相手と試合ができたことは、芦花Joccerにとって大きなプラスです。個の力の上回る相手に勝てるようチーム力をさらに向上させるとともに、私たちも個の力を伸ばしていくよう頑張ります。この試合をステップにして、23日のリーグ戦では結果を出したいと思います


《今後の予定》 

◆9月23日(木) 東京都女子サッカーリーグ(第2部) 第4節
                     vs 東京成徳 
 ※大会は無観客での実施となっています。


《中学生のサッカー女子のみなさんへ》

 芦花高校女子サッカー部では、現在コロナウイルス感染症の影響で体験入部ができなくなってしまいました。みなさんもできないこと、できなくなってしまったことがあり、日々ストレスを感じていることと思います。特に中学3年生のみなさんは進路のこともあり、大変なことだろうと思います。けれども必ず新しい朝は来る。その時にまた私たちの大好きなサッカーを思いっきり楽しむために、今できることを続けましょう。そしてその時には、再開した体験入部にぜひ参加してください。
体験入部はまだできませんが、部活動の見学はできるようになりました。芦花高校に受験を考えている中学生やその保護者のみなさん、ぜひ芦花高校女子サッカー部の活動を見学に来てください。見学希望の方は下記連絡先までご連絡をお願いします。 

 
  


   連絡先  東京都立芦花高校 03-5315-3322
        女子サッカー部顧問 横井

 

 

〒157-0063 東京都世田谷区粕谷3-8-1
電話 : 03-5315-3322 ファクシミリ : 03-3305-8180
E-mail : S0200375@section.metro.tokyo.jp
アクセス