指導の重点

指導の重点

 

1.各教科・科目の指導

 

・1年次においては、必履修科目を中心に設置し、基礎学力の定着を図る。
・2年次以降は、生徒の興味・関心や進路希望に応じるため、
 各教科に多様な選択科目を設置する。
 (選択科目は「発展系科目」「演習系科目」「探究系科目」に分類)
・コミュニケーション英語1、英語2、リーディング、数学1において、
 習熟度別授業を取り入れ、 生徒の能力を最大限引き出す指導を行う。
・英語表現1において、少人数授業およびALTの活用を図る。
・理科では実験・実習を、家庭科では施設等での体験学習を積極的に取り入れる。
 家庭基礎では実習や体験学習を行うため少人数授業を実施する。
・全教科・科目のシラバスを作成し、授業内容・評価基準を明らかにする。
・長期休業中には補習を実施し、確かな学力の定着を図るとともに、
 進学希望者の意識を高める。また、3年次においては、
 土曜教室(補習と自習室の開放)を実施する
 
2.特別活動の指導
 
・生徒会活動、委員会活動等の自主的活動を支援する。
・ホームルームを学校における集団生活の基本単位とする。
 ホームルーム活動を充実させるとともに、その活動をとおして
 社会生活における自己の役割と責任を自覚させる。
・体育祭、文化祭、合唱祭などの学校行事は生徒が中心に企画・運営し、
 ホームルーム単位で参加する。
・部活動への参加を積極的に奨励する。
 
3.生活指導
 
・生活指導部が組織的・計画的に指導方針を立案し、全校的な指導体制の確立を図る。
・学校は社会の一部であることを意識させ、集団生活を維持するためのルールや
 マナーについて十分に考えさせる。
・あいさつ、身だしなみ、時間厳守、清掃などを全教職員で指導する。
・人権尊重教育・セーフティ教室・薬物乱用防止・交通安全指導など
 健全育成のための指導を積極的に行う。
 また、教育相談に関する校内研修会を継続して実施する。
・学校保健推進計画を策定し、安全で健康的な生活を営めるよう
 指導・相談体制の整備を図る。
 
4.進路指導
 
・キャリアガイダンス(進路指導)部を中心とした全校的な指導体制を確立し、
 進学希望の実現に向けて積極的な支援を行う。
・科目選択のための履修ガイダンスについては、教務部を中心に各教科が連携して行う。
・各年次とも、計画的に実力テスト等を実施し、各教科と連携してきめ細かい指導を行う。
 
5.総合的な学習の時間
 
・1年次(2単位)は「キャリアガイダンス(1単位)」「奉仕(1単位)」を実施する。
 それぞれの内容について、年間を通じて効果的に配置する。
・2年次(2単位)は「けやきタイム」として実施する。
・総合的な学習の時間はキャリア教育の視点を踏まえて計画的に指導する。
・『この子たちの夢を3年後に叶えてあげようプロジェクト』は、
 1・2年次の総合的な学習の時間を中心に展開する。
・各年次とも担任を含めた12人の教員で指導にあたる。

 

 

 

〒157-0063 東京都世田谷区粕谷3-8-1
電話 : 03-5315-3322 ファクシミリ : 03-3305-8180
E-mail : S0200375@section.metro.tokyo.jp